熊野は、「誰もが活躍できる社会」へ、
希望をひらきます!! Success

最先端の医療や技術革新に精通する熊野が、
新たな視点で、「経済成長」、「雇用環境の整備」、「防災・減災対策の推進」などの改革に挑み、「誰もが活躍できる社会」を築きます!

熊野は、「誰もが活躍できる社会」へ

日本の優れた技術力を引き出す環境が重要!

経済特区や補助金の充実を、技術革新(イノベーション)を促進!

1日本の医療で、
“呼び込む(医療ツーリズム)”
診断や治療を目的とした訪日外国人の増加をめざします。医療観光での訪日は、長期の滞在のケースもあり、幅広い観光業界への経済効果が見込まれます!
※韓国ではすでに医療観光が100万人。例えば中国人が韓国の医療観光で消費したのはなんと115億円に上ります。
これは、中国人の観光客の消費額の約25%を占める。
2日本の医療を、
“海外展開(アウトバウンド)”
日本の医療と、医療機器や医療品、人材育成、医療・保険の制度・システムなどをトータルパッケージで輸出し、日本式の医療を海外展開していきます!
※世界の医療市場は2001年から2010年まで年平均8.7%で成長し、2010年の市場規模は約520兆円、この内訳は医療機器が約20兆円、医薬品約70兆円、医療サービス約470兆円となっている(経済産業省)。日本において産業としての医療をみると、医療機器については大幅な輸入超過であり、欧米の巨大メーカーに市場シェアで大きく後れを取っています。

日本の医療を、“海外展開(アウトバウンド)”

若者・女性の活躍を応援!
“働きたい”、“学びたい”を応援します!

・最低賃金1000円以上
(非正規雇用の処遇改善)
非正規雇用の就業環境の改善をめざし、
最低賃金を引き上げます!
・子育てと仕事が両立できる
環境整備
職場内の意識改革と法令・制度の周知徹底、相談窓口設置。短時間勤務など柔軟な働き方の推進。
・返済不要の「給付型奨学金」
家庭環境による教育格差をなくすため、奨学金制度を見直します!

若者・女性の活躍を応援!

防災・減災対策を充実!
新たな視点で、安心・安全なまちづくりをめざします!

・地域防災力を向上
災害に強いインフラ(道路、橋、堤防など)
の整備、地域で助け合えるコミュニティー
の形成など、多角的な取り組みを推進し、
地域防災力を向上させます。
・新たな技術で被災者を支援!
●情報通信技術を応用した被災地・被災者情報の集積
職場内の意識改革と法令・制度の周知徹底、相談窓口設置。短時間勤務など柔軟な働き方の推進。
●医機器の小型化・軽量化で、
被災地の医療環境を整備

防災・減災対策を充実!