ブログ

2016.05.19

「VOICE ACTION」1000万を突破-山口代表ら 安倍首相にアンケート結果を報告!

皆さま、こんにちは! 熊野せいしです。

 

若者の声を政治に反映させようと、公明党の青年委員会は「VOICE ACTION(ボイス・アクション=VA)」を取り組んできました。

これは、5つの代表的な青年政策案から実現してもらいたいと思うものを一つ選ぶというアンケートです。私も関西地域でVAを行い、若者たちから直に声を聞き、貴重な要望を受けました。

 

3KA_3674

 

こうして全国各地で取り組んだ結果、公明党として1000万人を超える〝声〟を集めることができました!

アンケートに協力していただいた皆さま、そして男女青年党員の方々に、改めて感謝申し上げます。大変にありがとうございました!

一番多かった回答は、「非正規雇用の待遇改善や最低賃金1000円(時給)」と「不妊治療の公費助成や幼児教育の無償化」です。それぞれ、全体の要望内の25%を占めました。

このほか、「無料で使える公衆無線LANの充実」は22%、「月曜午前半休の促進など、働き方・休み方改革」は18%、「婚活や新婚世帯の支援」は10%となりました。

 

0512VoiceAction

 

 

5月11日には、山口那津男代表が、石川ひろたか党青年委員長(参院議員)らとともに、首相官邸で安倍晋三首相に、VA集計の結果を報告。

これに対し、安倍首相は検討していく考えを示しました。

 

1000-VOICE-ACTION

 

若者の活躍を応援する社会の構築へ――。

どこまでも現場第一主義を貫きながら、声を「カタチ」にしてまいります!