ブログ

2016.06.10

関西未来フォーラムに出席!-誰もが安心して医療を受けられる社会へ

皆さま、こんにちは! 熊野せいしです。

 

6月5日は公明党関西方面本部の「関西未来フォーラム」に出席しました!

斉藤鉄夫幹事長代行、石川ひろたか参院議員、弁護士の伊藤たかえさん(党女性局次長)と共に、私もあいさつ。来賓として、理化学研究所統合生命医科学研究センターの久保充明副センター長、一般社団法人日本放射線科専門医会の井田正博理事長が講演してくださいました。

 

MI5_3986

 

久保副センター長は、「医療」と、DNAの遺伝情報である「ゲノム」を合わせた「ゲノム医療」について登壇。「ゲノムの情報により、病気に対する体質や、薬の副作用の有無が分かる」と述べながら、「将来的には、遺伝的体質に合わせて、治療法を選べる時代になる」と語られました。

 

井田理事長は、放射線医学に関して、CTやMRIが進歩し、的確な診断ができるようになり、がんなどの早期発見・治療に役立っている現状を紹介。そして、「体を切らない放射線治療は、患者への負担が少なく、これからの主役になる医療だ」とも。

「高齢化が進み、医療費の増加が予測される中で、誰もが安心して医療を受けられるよう、公明党には頑張ってほしい」とエールを送ってくれました。

 

井田理事長は、5月29日付公明新聞4面(関西版)でも私に応援コメントを寄せてくださり、今回のフォーラムでは東京から駆け付け、講演していただきました。感謝の思いでいっぱいです。本当にありがとうございました!

 

井田理事長をはじめ、党員、支持者の方々に支えられ、ここまで走ってくることができました。

改めて、応援してくださる皆さまに感謝申しあげます。最後まで、頑張り抜きます!

 

(伊藤たかえのプロフィールは写真をクリック)

(伊藤たかえのホームページは写真をクリック)