ブログ

2016.06.19

熊野ビジョン①「がん対策先進国」へ、希望をひらく!

皆さま、こんにちは! 熊野せいしです。

 

今回から、私のビジョンについて、3回にわたり紹介させていただきます。

第一に掲げたのが「『がん対策先進国』へ、希望をひらく!」です。私は、CTやMRIなどの画像を年1万件診断してきましたが、「もっと早く診断できていれば」と思うことも少なくありませんでした。公明党の推進もあって、日本の検診受診率は30~40%に上昇してきましたが、欧米の70~80%と比べると高い数字とは言えません。

 

2人に1人が患うとされる、がん。この対策を強化し、命と健康を守っていきたい。まずは、検診受診率の向上をめざし、中学や高校でのがん教育の拡充や、検診無料クーポン券の配布を推進します。また、医師として25年間、命を守る最前線で働いたキャリアを生かし、重粒子線、BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)、陽子線などの先進医療への保険適用を後押しし、身体・経済的負担が少ない治療を促進したいと決意しています。

 

定年延長や生活習慣の変化から、働く世代のがん患者は増えていると言われています。がん再発の恐れと闘っている方もおられます。治療を受けながら、働き続けられる環境の整備や、患者と家族への相談体制の強化も大事です。

 

国民病とも言える、がん対策の強化へ! その先頭に立ってまいります!

 

【その他のビジョン】

https://www.kumano-seishi.com/vision/