ブログ

2016.06.22

参院選挙公示 18日間の舌戦が開始-皆さまの声援を背に、最後まで走り抜く

皆さま、こんにちは! 熊野せいしです。

いよいよ、6月22日、参院選挙が公示され、決戦の火蓋が切られました。この18日間、全力で走り抜きます!

 

昨年11月5日に公明党より比例区の公認を受けてからの、この約8カ月間。街頭演説や講演会などで、「熊野、頑張れ!」「負けるな!」との声援、そして、その真心に心を打たれてきました。無名の新人である私に、エールを送ってくださる皆さまの思いに何としても応えていきたい。その決意で、必死になって、関西各地を駆けてきました。

 

K51_2429(縮小)

 

今回の参院選挙は、日本の将来を決める大事な選挙です。安定の「自公」か、混乱の「民共」か。民進、共産などは、基本政策はバラバラ、めざす社会像は異なります。選挙目当ての〝野合〟勢力が多数を占めれば、かつての民主党政権時代より混乱することは必至です。断じて、負けるわけにはいきません。

 

公明党には、国と地方に議員ネットワークがあり、「小さな声を聴く力」があります。「大衆とともに」の立党の志を胸に、国民目線の政治を前に進める公明党が参院選で勝利することが、政治の安定をより確かなものにします。

 

一人に寄り添う政治を前に進めるため、文字通り、死に物狂いで、最後の最後まで、訴え、走り抜いてまいります!

皆さまの一票で、どうか、どうか、熊野せいしを押し上げていただきますよう、心からお願い申し上げます。