ブログ

2016.07.02

今こそ、政治の安定を!-命と健康、そして暮らしを守り抜く

皆さま、こんにちは! 熊野せいしです。

 

英国でEU離脱の是非を問う国民投票が行われ、賛成が過半数を上回ったことは、連日報道されている通りです。

世界経済にショックが走り、不安と緊張が高まったことで、日本の株式市場もその余波を受け、乱高下しました。

混乱を悪化させるのか、それとも解決へとリードできるのか。そこで問われるのは、まさに「政治の安定性」です。

今こそ、経験豊富な自公の安定政権で、着実に政治を前進させるべき時であると私は決意しております。

 

この「安定」には、与党が参院選で多数の議席を得る、という「数」の安定がまず必要となりますが、その上で、もう一つ大事な側面があります。

それは、「質」の安定です。すなわち、国民が安心できる方向に政治を前進させることです。そのために、私は声を大にして訴えたいことがあります。それは、国民の声を聴き、生活者目線で施策を前進させ続けている公明党が連立政権でさらに存在感を発揮していくことで、質の安定が生まれるのだ、ということです。

 

3年半前、政権与党として、多くの失敗を重ねてきた民主党(現・民進党)。党内の合意形成すらできず、決められない政治が続き、経済は停滞。もう二度と、あのような混乱の政治を繰り返してはなりません。

 

今回の参院選。民進党は、共産党と手を組んでいますが、政策は全くバラバラです。民主党政権以上に、政治が混乱することは、明らかです。

こんな無責任な姿勢では、国民の暮らしを守ることは絶対にできません。だからこそ、“安定の政権で、政治を前進させてみせます!”と、私、熊野せいし、全魂込めて、各地で訴えております。

命と健康、そして、暮らしを守る政治を進めさせてください。国政で、仕事をさせてください。必ず国民の皆さまにお応えしてまいります!

どうか、どうか、絶大なご支援をよろしくお願い申し上げます!!